2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

焼き鯖定食

今月は旅行に行ったり、お買い物をしたりで給料日が待ち遠しい状態。

で、決めました。
「毎週最終週は野菜以外は買い物しない!」
いつもごった返している我が家の冷蔵庫も少しはすっきりしそうです。

たいそう質素な食事になることだろうと思いきや。
いつもよりちょっと豪華

と、いうのも冷凍庫の奥に大切に大切にしまっておいた(?)虎の子が
食卓に上がるから。

この日は韓国食材店で購入していた冷凍鯖が登場。
DSCF0081.jpg

とーっても美味しかったです。
スポンサーサイト

| グアテマラ | 03:49 | comments(5) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

コースター

現在作成中のテヒード。
今はコースターを織っています。
デザインはお友達のものを真似て、色違いで。
DSCN3323.jpg

これは糸張りの段階がとても大変。
上糸と下糸が違う色になっているのです。
でも完成したらいい感じになりそう!
これなら人にプレゼントできる!?

前回の白地に雪模様(?)の作品はまだ端の処理が終わっていないので
出来たらお披露目します

| ハンドメイド | 03:10 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ドイリー

久しぶりにハーダンガー刺繍をしていました。
ha04.jpg

雄鶏社『ノルウェーの伝統刺繍ハーダンガー』より

シンプルに白い麻布に白糸で。
他国に引っ越されたお友達にプレゼントしました。

| ハンドメイド | 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

キリグア・リビングストン・プエルトバリオスの旅9

セマナサンタのプロセシオンをここでも見ることができました。
DSCF0207.jpg


大人の男性だけが担ぐ山車、子供だけの山車などがあって、
これは女性だけの山車。
DSCF0212.jpg

またまた夫が発見。グアテマラの大屋○子。(え?古い?)

しばらく、プロセシオンを見たあとは教えてもらったレストランへ。
地元の人ならみんな知っている海沿いのレストラン『サファリ』
DSCF0219.jpg

ここでもやっぱりタパードを注文。
しかし、すごい量!スープの中には渡り蟹丸ごと一匹と魚一匹、そして海老が数匹。一緒に頼んだセビッチェもすごい量!

お腹いっぱいだけど、高価ゆえ、めったに食べられない魚介類。
ほぼ完食しました^_^;

DSCF0218.jpg


後日、今回の旅の暴食(暴飲はしてない)が祟って、お腹を壊してしまいました。(今は完全復活)
美味しいからって、食べすぎはダメですね。はい。

| グアテマラ(おでかけ) | 03:29 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

キリグア・リビングストン・プエルトバリオスの旅8

翌日はプエルト・バリオスへ。
キリグアから車で約1時間半ほどのところにある港町です。

以前、とあるグアテマラ人が私に教えてくれました。
「旅に出たら、まずその町のメルカド(市場)とセメンテリオ(墓地)を見に行くといい。」と。

で、プエルト・バリオスではまずメルカド(市場)を見学。
DSCF0197.jpg


色鮮やかなフルーツがいっぱい。
DSCF0198.jpg

左の黄色いフルーツはマンゴー、右の赤いのはホコテ。

パン・デ・ココを売っているガリフナのお兄さん。
DSCF0200.jpg

ガリフナの人たちはパン作りが上手なのか?
パン屋さんはみんなガリフナの人。

DSCF0204.jpg

港町だから魚も新鮮そう。
ロブスターだってあります。

もう一つのお薦め、墓地は前を通り過ぎただけ。
ここは外国からの船も出入りするから、色んな国の人のお墓があって
なかなか興味深いものがあるようです。

| グアテマラ(おでかけ) | 03:48 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

キリグア・リビングストン・プエルトバリオスの旅7

温泉が湧き出ているというところも案内してもらいました。
確かに温泉っぽい臭いもする。
DSCF0165.jpg

温泉のお湯をペットボトルで汲んできたのをさわらせてもらったら、熱かった!
50度ぐらいはありそう。
それが川の水と混ざっていい湯加減になっているみたい。


最後は1652年にスペイン軍によって建設された、サン・フェリペ要塞をボートから見学。
(1680年代に攻められて焼失したので、現在のものはその後再び建設された建物だそうです。)
DSCF0181.jpg

イギリスやオランダの海賊からこの地を守るために建てられたそう。

さあ、そろそろ船着場に帰ろかとしたところでスコール
びしょぬれになってリオ・ドゥルセにたどり着きました。

帰りは雨が降っていたり降ってなかったり。
DSCF0187.jpg

ここらへんは超局地的な雨が降るそう。
キリグアの宿についたら雨は全然降ってませんでした。

| グアテマラ(おでかけ) | 04:06 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

キリグア・リビングストン・プエルトバリオスの旅6

いい感じにお腹が空いてきたのでレストランでお昼ごはんです。
DSCF0158.jpg

川沿いにあるレストラン『EL VIAJERO』に到着。

リビングストン観光中に、ガイドのマックスさんにグアテマラ料理のタパードを食べたいことを伝えると、レストランに連絡して予約してくれました。(タパードは一時間程調理に時間がかかるらしいので。)

これがタパードです。
DSCF0161.jpg

魚介のエキスがたっぷりのココナッツスープ。
モハーラというお魚もとてもおいしかった。

そして、セビッチェ。
DSCF0163.jpg

新鮮だから?グアテマラシティで食べるのよりやっぱり美味しい。


お腹がいっぱいになったら、再びボートに乗り込んで観光の続きです。
次にマックスさんが案内してくれたのは蓮の葉が一面に浮かんでいる場所。
DSCN3309.jpg

小さな水鳥が蓮の葉の上を歩いている姿も見られました。

これはサギの一種?これも川に浮かんだ水草の上なんですよ。
DSCN3308.jpg


DSCN3311.jpg

川面に木々が鏡のように映っていて綺麗でした。
ぼーっと浮かんでいたい気分。

| グアテマラ(おでかけ) | 06:57 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

キリグア・リビングストン・プエルトバリオスの旅5

再びボートに乗って、今回の旅で一番楽しみにしていたリビングストンに到着。
DSCF0137.jpg


ここはまさに『陸の孤島』。リオ・ドゥルセかプエルト・バリオスから船に乗って行くことしかできないそう。

この町はガリフナと呼ばれるカリブ系黒人の住民が多数を占めていて
なんだか違う国にやってきたみたい!

DSCF0139.jpg


町は陽気な雰囲気で、観光客がいっぱい。
でもちょっと裏道に入ってみると・・・

DSCF0151.jpg

子豚が走ってるし!なんてのどか。

路上のお土産屋さん。
DSCF0142.jpg

坂○二郎にそっくりなおじさん発見。声まで似てた。

ちょっと駆け足で、ゆっくりと散策は出来なかったけど
帰りに名物のパン・デ・ココ(ココナッツパン)を購入。
DSCF0157.jpg

ココナッツのパンはもっちりしてて美味しかった。

今度はリビングストンに宿をとってゆっくりするのもいいかも。

| グアテマラ(おでかけ) | 11:01 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

キリグア・リビングストン・プエルトバリオスの旅4

朝食後、canonを預かっていただいてリオ・ドゥルセに向かって出発。
canonpyonta.jpg

↑キリグアの宿のワンコ、ピョン太(♀)と腰が引けてるcanon。
 見かけは違うけど、二匹は似たもの同士。いい子でお留守番してるんだよ~。


宿から車で約1時間でリオ・ドゥルセに到着。
昨日、お願いしていたガイドのマックスさんと大きな橋の真ん中で待ち合わせ。

無事合流し、車を駐車場に置いて、ここからはボートに乗ってドゥルセ川をクルージングします。
DSCF0095.jpg

相変わらずのいい天気!またまた黒く日焼けしそうな予感。

ボートを飛ばして一気にリビングストンを抜け、更に北を行って
まず最初に立ち寄ったのはシエテ・アルタレス(「7つの祭壇」という意味)と呼ばれる水棚。
DSCF0130.jpg


今は乾季の為、水が少ないそうなのですが雨季には水がいっぱいになってキレイなのだそう。
一番奥にある水棚は結構深く岩の上から少年達が飛び込んで遊んでいました。

私達は残念ながら水着を持ってきていなかったので、足だけ浸かって一休み。
ここらへんは温泉なんかもあるので、水着を持ってきてゆっくり遊ぶのもいいかも。

| グアテマラ(おでかけ) | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

キリグア・リビングストン・プエルトバリオスの旅3

遺跡から帰ってきてcanonのお散歩をしたら、お楽しみの夕食です。
こちらの宿ではグアテマラ料理か日本食かを選ぶことができるのですが
私達は迷わずグアテマラ料理。

quirigua.jpg

この日は豚のスープがメイン。
骨付きのバラ肉はトロトロだし、スープは豚の味が出てて本当に美味しかったです♪(あ~また食べたい・・・)


昼間は暑いキリグアですが夜は意外に蒸し暑くなく、エアコンも扇風機も必要なし。
ぐっすり朝まで眠れました。

しかし、朝5時頃けたたましいニワトリの鳴き声で目覚めました。
しかも、一羽どころじゃない・・・他の野鳥(南国系)の鳴き声も一緒になって
それはそれは賑やかな目覚め(笑)。
でも、目覚まし時計に起こされるのとは違ってなんて爽やかな目覚め

そして・・またまたお楽しみの朝食。
quirigua1.jpg

初めて食べる粒状フリホーレス
ユカ芋
ポーチドエッグ
焼きたてのパン

最近、食べることが一番の楽しみになってきた。(恐ろしい・・)

| グアテマラ(おでかけ) | 06:18 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

キリグア・リビングストン・プエルトバリオスの旅2

到着したその日は宿から車で10分のキリグア遺跡を見学。

DSCN3254.jpg


ティカル遺跡やホンジュラスのコパン遺跡のように大きくはないけれど、
石碑や獣形祭壇の保存状態がとても良く、世界遺産にも登録されています。
DSCN3255.jpg

コパンの衛星都市としてキリグアが創建されたそうです。
そういえば、石碑の華やかな彫刻はコパンと同じ雰囲気。

DSCN3265.jpg

↑これはジャガーの形をした祭壇。

DSCN3282.jpg

岩にびっしりと彫られた神聖文字や模様、どんな言葉が刻まれているんだろう・・。

DSCN3287.jpg

| グアテマラ(おでかけ) | 11:33 | comments(0) | trackbacks(1) | TOP↑

≫ EDIT

キリグア・リビングストン・プエルトバリオスの旅1

今年のセマナサンタはまだ足を踏み入れたことのなかったキリグア・リビングストン・プエルトバリオス方面を旅してきました。

今回はこのひとも一緒。
DSCN3242.jpg

落ち着きなく車内から外の様子を見るcanon。

グアテマラから目的地キリグアまでは車で約4時間。
途中、アイスクリーム屋さんで休憩を入れて夫に運転頑張ってもらいました。

今回の宿泊場所は日本人女性まさきさんが経営する『Posada de Quirigua』DSCF0066.jpg

のどかなキリグア村の中にある素敵な宿です。

DSCF0064.jpg

シンプルで統一感のあるお部屋は清潔でとても居心地がいい♪

DSCF0074.jpg

向かいのお家では牛を飼っててcanonは初めて見る牛に興味津々。

| グアテマラ(おでかけ) | 04:12 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

Joong Guk Seong

先日友達に教えてもらった韓国人経営の中華料理屋さんに行ってきました。
場所は韓国食材店や韓国料理屋さんが多いZona7。

ここは中華料理屋さんだけど韓国料理もやってます。
この日は美味しかった韓国冷麺をもう一度食べたくてやってきました。

揚げ餃子風なyakimandu(焼饅頭?) Q50(約750円)
yakimandu.jpg


辛くて美味しいビビンパ  Q70(約1050円)
bibinpab.jpg


本日のお目当て平壌冷麺  Q60(約900円)
nenmyon.jpg


どれも美味!味が良くて、夫も私も気に入ってます。
前回食べた中華料理ももちろん美味しかったです。

「物価が高い~!」と文句いいながら外食する私達。
だって、美味しいもの食べたら元気になれるでしょ?(^^)

| グアテマラ(グルメ) | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

Tapas&Tintos

ただいまグアテマラ時間夜中の3時半。。
食後のコーヒーが濃かったせいか眠れません。

なので今夜行ったスペイン料理レストラン『Tapas&Tintos』をご紹介します。

ここはcanonのお散歩コースにあるレストラン。
いつも前を通るたびに気になっていたのです。

夫はlimonada(レモネード)、私はnaranjada(レモネードのオレンジ版)でTapasを数種類オーダー。
普通こうゆうのって、お酒と一緒にちょっとづつ食べるものなんでしょうけど・・・(^_^;)
DSCF0040.jpg

(左)pan con tomate(トマトトースト) Q10(約150円)
(奥)croquetas de jamón serrano(生ハムのコロッケ) Q35(約525円)
(右)mejillones(ムール貝) Q40(約600円)


DSCF0042.jpg

(奥)calamares en su tinta(イカの墨煮) Q40(約600円)
(右)tortilla especial(スペインオムレツ) Q45(約675円)

コロッケはクリームコロッケっぽくて美味しかったです。
ムール貝も美味しかった♪
カジュアルな雰囲気で気軽に入れるお店です。
DSCF0039.jpg



ところで、色々とグアテマラのレストランを紹介してきましたが
意外にお値段が高いことにお気づきでしょうか。。?

≫ Read More

| グアテマラ(グルメ) | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。