2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっと完成!

昨日のドタバタですっかりイライラモード。
だけど最後の最後にグアテマラのこと嫌いになって帰りたくない。

動物病院に行くときに乗ったタクシーの運転手さんはとっても陽気で
私の気分を変えてくれて助かった。

無理矢理笑顔を作りながら病院の受付へ。
書類はちゃんと揃っていました。良かった~!!涙が出そうだった。

ハンコやサインが抜けていないかしっかり確認して・・・
ドクトールに書いておいて欲しかったワクチンの欄はやっぱり何も書いてなかったけど、そこは自分で家に帰ってから調べて書くことにした。

ということで無事、canonが日本へ行くための書類は全部揃いました
後はこの輸入検疫書類と届出受理書と狂犬病の抗体検査の結果を日本の動物検疫所にファックスすればOK。
帰国する前にあらかじめ検疫所に書類をチェックしてもらえます。

↓完成した輸入検疫のための証明書
certificado1-1.jpg

certificado2-1.jpg

certificado3-1.jpg




遂にグアテマラ生活残すところ一日。
部屋の掃除をしながらグアテマラでの楽しかったことを思い出してみよっと。



スポンサーサイト

| カノン | 14:01 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ため息・・そして頭痛

昨日はcanonの検疫の書類が出来たと動物病院から連絡が入ったので
タクシーを飛ばして受け取りに行ってきました。


しかし・・・
家に帰ってきてよくよく確認してみると。
私がドクトールに渡したはずの『輸入検疫証明書』がない。

出来てたのは、グアテマラで飛行機に乗るときに必要な『輸出証明書』
とアメリカでのトランジットに必要な『健康・狂犬病証明書』のみ。

さっそく電話をかけて「私が先日、ドクトールに渡した3枚の書類は?」と聞くと

「日本大使館に電話したらいらないって言われた。なんなら大使館に電話して確認してみてよ。」なんて言う。

私が大使館に確認の電話を入れているところに再び動物病院から電話があって、「ごめんごめん。書類3枚あったわ。」
どないやねん!

で、また再びその用紙を取りにタクシーを飛ばして行きました。
しかしそこで渡された書類は、私が6日前に渡した状態から何も変わっていないものでした。

な、なんもしてへんしー!!ムキーーッ!!


しかも「えー!!ここにハンコ押してないやん!」(グアテマラ政府のハンコが必要)と言うと
動物病院のハンコを押そうとするし。
ちゃんと、ドクトールに説明したのに!
しかも6日も前に渡しておいたのに・・・まさかできてへんとは。

今日は朝からプレッシャーの電話&ドクトールへ怒メールを送りつけておきました。
「今日の12時には用意できるから。」とか言ってるけど本当に心配です。

昨日はそんなことがあって、頭痛で寝込んでしまって夜は片付け何もできず。
はぁぁ・・やっぱり最後の最後まで気が抜けません。

071129-1.jpg

↑アンティグアのレストラン『El arco』の中庭でゴロンゴロン。



| カノン | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ウイピル

もう何回もアンティグアに行っているけど
毎週土曜日にやってるこのウイピル市を見るのは初めて。
071119-5.jpg


グアテマラの色々な地方のウイピルが集められています。

私のお気に入りはやっぱりナワラというところのウイピル。
淡いピンク色で、モチーフは不思議な動物達。

ぐるっと一周して、とても手の込んだ刺繍の入ったウイピルを購入しました。
刺繍糸に光沢があったので、「もしかしてシルク?」と思ったけれど
新しそうなウイピルなので多分レーヨン。

ウイピルにシルクが使われていた時代は限定されるそうです。
古いウイピルの方が価値があるのかもしれません。


歩き疲れたので、『Cafe Condesa』でお茶をしました。
ここのケーキは大好き。
071119-4.jpg

とっても濃厚なニューヨーク・チーズ・ケーキ。
小さく見えるけど、それはジュースが巨大だから。

すごく美味しかったけど、この濃さでこの量は・・・最後は苦しかった。

この日はグアテマラシティで大きなクリスマスツリーの点灯式がありました。
071119-3.jpg

去年より花火が高く打ちあがっていたから、マンションの部屋からもよく見えました。



| グアテマラ(おでかけ) | 14:15 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

Il Caffe Del Vecchio

土曜日にまたまたアンティグアへ。
今回は、静かで中庭の素敵なイタリアンレストランへ行ってきました。

おそらく前を何度か通っていたと思うのですが、中に入るのは初めて。
071119-6.jpg

中はアンティークな雰囲気。

朝の10時ぐらいだったから、普通なら朝食メニューなんですが
最近グアテマラのdesayunoに飽きてきたので、パニーニを注文しました。
071119-2.jpg

サーモンのパニーニ Q60(約900円)

イメージしてたのと違って、ボリュームのあるパニーニでした。
でも美味しかったです!お店の雰囲気も良いし、お気に入りに追加ですね。
(あぁ、でも帰国まであと2週間)

最後のアンティグア訪問のときも訪れてみたいなぁ。

071119-1.jpg


ここのホテルもとても良い感じです。

『Il Caffe Del Vecchio』

5a Avenida Sur #16
Tel:7832-3055



| グアテマラ(グルメ) | 03:04 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

やっと

この一週間は本当に不安でいっぱいでした。
帰国便がなかなか決まらず、どうなることかと思いましたが・・・

やっと決定~!
ご心配をおかけしました。
ロサンゼルス経由で帰ることになります。

しかし、最後の最後に(これがホントに最後であってほしいけど)
帰国後の勤務地が急遽変更になるという大爆弾が仕掛けられておりました。

と、いうことでグアテマラの皆様、日本の友達・家族のみなさん
帰国後は、名古屋です。


国際便で到着した地で検疫を受けなければいけないcanonだけが
離れ離れで、千葉(成田空港)で暮らすことになります。

中部国際空港へ変更してもらうことも考えたのですが、
色々なこと(輸入の届出、検疫委託業者との契約など)をまた初めからやり直すのは大変だし、canonが収容される空きがあるかどうかわからないので当初予定していた成田着にすることにしました。

係留期間は33日。canon頑張るんだぞ~!



071116-1.jpg

↑久しぶりに登った十字架の丘。
この日は死者の日でした。みんな色とりどりの凧をあげていました。


| カノン | 04:37 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

OK?

毎日毎日canonの検疫のことが気になって・・・何も手につきません。
とは言ってられないので、毎日パソコンとにらめっこで検疫について(特に乗り継ぎに関して)調べまくっています。

で、ふと思ったのですが。
アメリカでトランジットする場合は、とりあえず入国審査を通って、ターンテーブルで手荷物受け取って、再チェックインしますよね?

ということは・・例えば手荷物として預けたペットも乗り継ぎ時に飼い主に引き渡されて再チェックインしなければいけないってことですよね。(ユナイテッドからの返事もそうだった!)

ということは・・再チェックインまではペットと一緒に過ごせるってことですよね!
しかも我が家は機内持ち込み予定だし!

実際、これを裏付けるブログを発見。
この方、メキシコ-ロス-関空のルートでロスで同日乗り継ぎをして日本へ帰られています。

しかも、乗り継ぎでは検疫なしでスルー。
再チェックインまでの待ち時間にワンちゃんと一緒に空港を散歩してるし!
制限エリアもなんもないやんか~。

そして関空ではメキシコでそろえた書類だけで良かった模様。
な、な、なんや~!良かった~。


「空港内にペット同伴でトランジットのために待機できるかどうかに
ついては、愛犬が留め置かれる場所が制限エリア内であるため難しいと思います。」

某所のこの言葉にすっかり惑わされてしまってました。今までのやりとりのことは深く考えないようにしよう・・・。

皆様ご心配をおかけしました!
明日には便が決まりそうです(本当か!?)。

071109-5.jpg




| カノン | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

まだまだ混乱中

先日canonと一緒にアンティグアへ行ってきました。
中央公園で子犬(すでにcanonより大きいですが)を散歩させてた男の子二人が近寄ってきて、canonの大はしゃぎっぷりにクスクス。

「こんにちは!遊ぶ?遊ぶ?」
071109-4.jpg


「いやっほーーい!!」
071109-3.jpg



飼い主の苦労を何も知らず無邪気に遊ぶcanon。
その後、ユナイテッド航空から返事があったのですが・・・

ロサンゼルス空港では、ペットを一晩お預かり出来る場所はあいにくございません。
到着後、動物検疫に行って頂き、検疫を終えた後、飼い主様とご一緒にお連れになり、翌日の便に再度チェックインしていただくようになります。


それじゃあ、ダメなのよー!
動物検疫所によると飼い主と一緒に空港を出てホテルに一泊すると
今度はアメリカ政府発行の輸入証明書が必要になるのよー!

・・・泣けてきた。(泣いてません。すいません。)

荷物超過料金を払ってエール・フランスか?
(ちなみにパリ-成田の超過料金は1キロあたり30ユーロ。さ・さ・さんじゅうゆーろ・・・泣)

で、ふと思ったのですが・・・。
アメリカの国内線を乗り継いで帰国したらどうなるか?!(国内線に乗るってことは、アメリカに入国したことになる可能性は高そうですが。)

グアテマラ-シカゴ-ロサンゼルス-成田 と乗り継ぎます。
シカゴ着が夜中の0:45で、乗り継ぎ便が朝の6:00。
ホテルに泊る必要ないですよね。
・・・しかしどうやって、犬と一緒にホテルに泊ったか日本の検疫所がわかるんだろ?


ただいま、このルートがグアテマラの輸入証明書だけで大丈夫か検疫所に問い合わせ中です。これがOKなら即決まりなんだけどなぁ。


| カノン | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ただいま混乱中

いよいよ、帰国予定(帰国と言いつつまだチケットとってへんし・・)まで後3週間となりました。

canonの検疫の準備はただいま停滞中。
と、いうのも「帰国便が決まらない!ひえ~~(>_<)」状態だからです。

私たちが、canonが飛行機に乗ることに対してものすごーくナーバスになっているのが原因なのですが・・・。

犬と一緒に飛行機で帰国する方法として
手荷物預けor機内持ち込み(ただし、機内持ち込みできる航空会社は限定される。アメリカ系、ヨーロッパ系、大韓航空などはOK)
のどちらか。

手荷物預けにしてワンちゃんが亡くなるという事故が時々あるようで、
更にグアテマラから成田はどうしたって24時間以上かかります。
飼い主としては小さなcanonを機内持ち込みで連れて帰りたいのです。


そしてもう一つの難関は「乗り継ぎ」
グアテマラからだとアメリカで乗り継ぎ(主にロスやヒューストンで)をするのですが、同日乗り換えは無く、翌日の便に乗ることになるのです。


動物検疫所に問い合わせたところ以下のような答えが返ってきました。

愛犬が乗り継ぎ(トランジット)の手荷物の一部として航空会社の管理の下で、空港の制限エリア内(アメリカに入国していない状態)で留め置かれていた場合はトランジットの扱いとなります。

アメリカでペットと共にホテルで一泊する場合など、アメリカ国内に
入国してしまった場合はトランジット扱いとはならず、日本の輸入
検疫制度を満たしたアメリカ政府機関発行の証明書類が必要となりす。

愛犬機内持ち込みの際の入国及びトランジットの具体的な手続きについて、ご利用になる航空会社にお問い合せ頂くようお願い致します。

とのこと。
ならば、空港を出なければいいんかい?と思い、空港で犬と翌日まで過ごすのは?と聞いてみたところ

空港内にペット同伴でトランジットのために待機できるかどうかに
ついては、愛犬が留め置かれる場所が制限エリア内であるため難しいと思います。


ですって・・・泣けてきた。(我が家で流行中のセリフ。本当に泣いてないのでご安心を。)

↑上の「空港の制限エリア内(アメリカに入国していない状態)で留め置かれていた場合」ってのも、どんな状態で留め置かれるのかも気になる。
ということでただいまユナイテッド航空に問い合わせ中です。

唯一、機内持ち込みが可能で同日乗り継ぎで帰れるエールフランスの便(グアテマラ-アトランタ-パリ-成田)を当初考えていたのですが、
エールフランスではエコノミーの場合一人20キロまでしか手荷物を預けられないそう(パリ-成田)。。これは現実的ではないのでダメ。

↑これが発覚したのはつい最近。canonのことにとらわれ過ぎていて自分達の荷物のことまで考えが及んでいなかった。
本帰国って言っても多分エコノミーだろうしな~。厳し~。

そして、もう一つ大事なこと。
飛行機にはペットを機内持ち込みできる数が決まっているそう。
たいがいエコノミー1匹とかビジネス2匹とかみたい。
だから、一刻も早く予約しないといけないのです!!
人間の席は空いててもペットの席が空いてない可能性がありますから。
(ペットの席って言っても飼い主の足元なんですけどね。)

071109-10.jpg

↑般若顔のcanon。



| カノン | 03:13 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

アンティグアのメルカド

両親滞在中、2度目のアンティグア。
メルカドを見学しました。

この日(10月20日土曜日)のメルカドはとても賑やか。
セニョーラのエプロンが気になる・・・可愛い
値段の交渉中か?
071107-8.jpg


ドーナツみたいなお菓子を売ってる人。
071107-6.jpg


おもちゃを売ってる人。
071107-4.jpg


ベルトを売ってる人。
071107-2.jpg


お店が無くても売り物を担いで商売してしまう。
この日のメルカドの活気は凄かったです。
土曜日は特にお店が多いのかなぁ?

071107-5.jpg

↑お父さんのお手伝い?小さな女の子が可愛いエプロンをつけて働いてました。


| グアテマラ(おでかけ) | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

Nim Po't

アンティグアにある『Nim Po't』というお店。
両親の滞在中に一緒に行ってきました。
たくさんの種類のウイピルやTシャツやその他お土産にぴったりなものが
あって、見るだけでもなかなか楽しめます。
071106-4.jpg


こんなん誰が買うねん!っていうのもいっぱい。
好きな人は好きなんだよね。きっと。
071106-2.jpg

赤いのは悪魔。
骸骨は死者の日用の置物?

071106-3.jpg

色々な顔がいっぱい。

お昼はお薦めレストラン『La Fonda de la Calle Real』でPlato tipico。
071106-1.jpg

チレ・レジェーノが美味しかった!
両親は一緒に飲んだオルチャタが気に入ったみたいでした。


| グアテマラ(おでかけ) | 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

本当に大丈夫?

常春のグアテマラ生活も後わずか。
一ヶ月もすれば日本での生活が始まります。(・・・のはずなんだけど。)

こんな暖かいグアテマラでプルプル震えて、猫のように日の当たる場所を探しているこのひと。
071105-1.jpg


日本では寒ーい冬が待っています。

071105-2.jpg

本当に大丈夫?


| カノン | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

アティトラン4

翌日はホテルの眺めのいいレストランで朝食。
たくさん具の入ったオムレツを焼いてもらいました。
パパイヤジュースが美味しかった♪
071031-6.jpg


071031-5.jpg

ホテルの広いお庭を散策した後、近くにあるアティトラン自然保護区へ。
ホテルからは徒歩5分ほど。

ここにはマリポサリア(バタフライ・ガーデン)があってたくさんの種類の蝶がいるとのこと。
お天気のいい日は特に見る価値があるそうなので、まずはそちらへ。

しかし、ここ数日お天気が悪かったからか?見つかったのは2,3種類だけ。
071031-3.jpg



次はサルやハナグマが見られるというコースを歩きました。
入り口のカウンターに動物用のバナナが1本Q1で売っていたので、買ってみる。

071031-4.jpg

↑キャノピーが出来るらしい。練習中?こんなアトラクションにも果敢にチャレンジするセニョーラたち。

071031-1.jpg

いかにもマイナスイオンいっぱいって感じで気持ちが良い。
思いっきり深呼吸。

展望台のようなところでサルとハナグマを発見!
すかさず買っておいたバナナをちぎって投げてみたら動物たち大興奮。
071031-2.jpg

意外にもハナグマの方が動きが早くてバナナをなかなか食べられないおサルさん。

短いコースでしたが、山道なので最後は膝が笑ってました。
本当に運動不足を実感。
父と母は毎日、近所の坂を徒歩で登り降りしてるから私なんかより元気そうでした。

アティトランの旅、楽しんでもらえたかな?
ここではグアテマラシティとは全然違う風景や人と出会えるのが面白いところですよね。


| グアテマラ(おでかけ) | 01:36 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。